スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

大切な日 <日記>


 今日は 我が家にとって 大切な大切な日なのでごじゃる。

 1年なんて あっという間で
 すごく短くも感じるけど なんとなくかなり昔だったような

 とっても不思議で ちょっぴり寂しい

 そんな10月9日。

可愛いむーくん!

 愛犬 むーくんが この世を去って 今日で1年。

 この写真 好きなの(* ̄(エ) ̄*)

 ちょっと寂しそうに見える表情。
 むんむって呼ぶと ちょこんと 私の膝の上にきたんだよなぁ

 私にべったりな子で いつもいつも そばにいて
 守ってくれた子でした。

 小型犬では ほぼ症例がない急性の病気になって
 大手術の末 元気だったのに
 たった1日で 急にいなくなってしまった むー君。

 1年たっても ふとした時に あ~って思いだして
 キュンっとなる私ですが

 今は いつでも心の中にいるのだ+。(o・ω-人)・.。*

 今日は 大好きなほねっこや お菓子
 お花をお供えしてあげたよ♪


 『むんむ いつか 虹の橋で会えるのを楽しみにして
 毎日頑張るからね』 (*--)--*)ピトッ

 
 しんみりしちゃった・・m(._.*)m
 また 明日から 元気に頑張るわーん(。+・`ω・´)!

 

 

 
スポンサーサイト

2009/10/09(金)  |  愛犬 むーくんへ  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

愛犬 むー君

 今日は 美容のお話ではなくて 
 私の 大切な息子(愛犬むーくん)のお話を書きたいと思います。

 動物の お話が苦手な方もいると思いますが
 

 もし良かったら 読んであげてください。


 可愛いむーくん!


 今年の8月1日に 10歳になったばかりのムー君は
 Mダックスの スムースヘアの男の子

 写真は最近のものなので 毛色が年齢のせいで薄くなってるけど
 可愛い子なんだよー

 2年前に 10歳で亡くなった母親のアルちゃんの息子で
 お家で 出産したので 生まれたときから ずっと一緒でした。

 テンカンの発作もあって 病院には何度もお世話になってのね
 5年前に ヘルニアになって手術をしてからも 元気だったけど
 その後 テンカンの発作で 両後足の膝をつかってしか歩けなくなったせいで

 むー君が 大好きだったキャンプもお散歩も
 いけなくなっちゃったけど 元気でいました。

 スムースヘアの ダックス兄弟

 いつも私のそばにいて 私が相方と喧嘩になると 口論してるだけなのに
 私を守ろうと 相方の足を マジ噛みしたこともあったなー
 一緒になって 相方にワンワン!怒ってくれたり。

 TVをみて 泣いてるときは すぐに膝の上に乗って涙をなめてくれたり。

 寝る時も いつも一緒

 口笛をふくと 一緒に リズムにあわせて う~んく~んってなくの♪
 

 むーくん甘え中

 私が家事をしていたり パソコンをしてて 一緒にいれないときは
 半分あけてある戸から いつも じーっと 見ていたムー君

 2008年9月22日の深夜 テンカンの発作がおさまらず病院へ
 おさまったものの 23日の夕方 ムー君の両後足が まったく
 たたなくなって 再度 診察へ

 軟骨の病気だったけどヘルニア再発も考えられたので
 検査のために 全身麻酔 1日入院しました。

 それから おしっこがうまくできなくなったむーくんを介護して
 毎日 温感マッサージと 温熱治療の通院
 お薬もたくさん飲ませて・・

 やっと 歩けるようになってきた!!!

 2008年 10月8日

 ムー君の足がよくなるように
 他の同じ病気で闘ってるワンちゃんたちの為にもなるからと
 病院で行われた リハビリの講習会(先生たちのみ)で

 リハビリモデルも こなせました

 半日預けて お迎えにいって いつものように元気いっぱいのムー君
 また温熱治療を 頑張ろうね!って病院から
 帰ってきて ご飯も食べて 普通に私のそばにいたのに・・・

 21時過ぎ 急激に お腹が風船のようにパンパンに膨らんで
 えずいたり くんくん鳴いたり 様子がおかしく。

 お薬の影響で 水分をものすごくとるので お水を飲みすぎたのかな?
 最初はそう思ってたけど 病院へ

 レントゲンをとると ガス(空気)が たくさんたまってて
 胃が膨張していました。

 すぐにガスを抜く応急処置。
 その後 全身麻酔で胃の洗浄など 大がかりな処置が行われる事に。

 ここからは 病院にお任せすることになり私は帰宅

 深夜 病院から 処置をしたけど 胃がねじれていて
 ホースがはいらず 緊急手術をすると連絡が。

 ただ 大手術になること この手術に耐えられないワンちゃんが多い事を聞き・・

 心配でしょうがなかったけど 朝6時31分 無事に手術が終わったの

 むーくん 頑張って耐えた!!

 朝の診察開始にあわせて すぐに面会に行きました。

 でも 状態は よくなくてね
 麻酔の覚めが悪く 体温があがらず さわると顔がものすごく冷たかった

 それでも むーくん♪って呼ぶと
 気が付いて 私の膝の上に 飛び込んできて 意識を失う
 これを繰り返していたの

「また 夕方に来るから がんばるだよ 待っててね」

 診察時間が終わって 面会終了。
 夕方の診察開始にあわせて また行こうと帰宅

 その間 ソワソワする気持ちもあったけど いろいろ用事をしてて
 16時30分ごろ そろそろ行かなきゃ!って思ってるところに

 「ムー君 急変です すぐに来てください」

 病院からの電話

 車を走らせるも 混んでいて 病院まで40分もかかって。
 途中 手は震えてくるし かなりあせったのね

 病院についてすぐ 診察台にいるムー君に
 
 「むー!」

 って声をかえると ムクって一瞬体を起こそうとしたの!

 急変してから 心停止して 心肺蘇生処置をしてなんとか持ち越した後に
 私が到着したようで 

 先生も 今 ムー君 気が付きましたね
 すごいですよ!嬉しかったから 最後の力をふりしぼったんですね
 ママがきてくれたってわかってるはずです と

 ムー君に 朝に夕方にまたくるからねって声をかけたから
 待っててくれたんだ・・・
 

 名前をよんだり なでてあげると 目をかすかに動かすものの
 容体が よくならず 私は泣いて名前を呼びながら ふれてあげる事しかできず

 血液検査で 肝臓の数値が はかりきれないほどに。

 9月の末に全身麻酔 そして今回の全身麻酔
 治療のための きついお薬
 5時間にも及ぶ 大手術で 肝臓が耐えきれず 壊死

 その後 意識がなくなり

 脳死が確認 

 2008年 10月9日 21時15分頃

 最後は 楽に・・・・ムー君を天国へ逝かせてあげることができました。

 担当の先生も 一緒になって 泣いてくださって



 昨日まで あんなに元気に頑張ってたのに。
 
 ムー君に起きた 胃の病気は 大型犬にみられる命にかかわる
 大変な病気でした。

 実際に 助かる事ができたワンちゃんは少ないそうです。

 小型犬では 今までその病院では症例がないらしく
 先生も どうしてムー君が・と・言うほどで

 私も まだ うけとめられません。

 大型犬のわんちゃんでも 手術中にねじれた胃を戻す処置中に
 命をおとす事が多いというのに 小さな体で むーは頑張りました。

 氷で 保護したムー君の体を抱いて
 夜は 一緒に眠り 朝 人間の赤ちゃん用のクマの可愛い
 お布団もついたベビーバスケットを買ってきて 

 大好きだったほねっこや食事 私の臭いや相方の臭いのついたものを
 たくさんいれて お昼すぎに 最後の お別れをしてきました。

 今でも私の お布団の中にもぐってそうで
 姿が見えないことが 悲しくて仕方ありません。

 泣きすぎて 目がパンパンに腫れても 涙はでてくるし。
 あ~してあげたらよかった
 もっと遊んであげるべきだったとか 後悔ばっかりでてくるのね

 でも 早く笑顔になって ムー君を安心させてあげなきゃ。
 他にも めい パン デュカ ルファと 私の子供たちがいるんだもの!

 10月11日 お昼にお骨をとりにいきます。


 みんなには 心配ばかりかけてごめんなさい。
 励ましのコメントで 胸がいっぱいです。

 
 長くなってしまったけど 最後まで読んでくださって有難うございました。


 また 私 元気をふりしぼって頑張っていきます
 こんな私ですが これからも温かく見守ってもらえたら嬉しいです。


 最後に。

 
 大好きな ムー君 甘えん坊のムー君

 いつも守ってくれて そばにいてくれてありがとう。

 助けてあげられなくて ごめんね

 苦しかったね

 ママはずっと忘れないから

 いつまでも 大好きだよ

 ありがとう

 愛するむーくん
 

2008/10/10(金)  |  愛犬 むーくんへ  |  TB(0)  |  CM(24)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。